よく飛ぶ 紙飛行機への道

【第15回】 ホワイトウイングス版競技用機について②

よく飛ぶ 紙飛行機への道

Racer 532~556

Racer 532から後の機体は、原則として金属フックを廃した機体が続く。またプレカットで無い15機セットの型紙が相当数含まれている。更に「バルサシリーズ No.3 」8機セットでは、金属フックとバルサフックのRacerが2機ずつ混在していることが分かる。以下に列挙してみる。
セット名を見出しとし、機体名を列挙する。

英語版 Vol.5 戦闘機の歴史シリーズ(紙フック15機セット)
Racer 532 Dragonfly :トンボ(矩形テーパー翼 普通型尾翼)
Racer 533 Sparrowhawk :ハイタカ(楕円型MOST翼1段上反角 普通型尾翼)
Racer 534 Heron :サギ(楕円型MOST翼2段上反角 普通型尾翼)

バルサシリーズ Vol.3
Racer 535 :White Lark :ハジロコウテンシ(バルサフック)

スペシャルパフォーマーズ
Racer 536 Swallow :ツバメ(バルサフック・プレカット楕円型MOST翼1段上反角 双尾翼)

バルサシリーズ Vol.3
Racer 537 Gull :カモメ(バルサフック 翼端上半角の主翼)

英語版 Vol.6 旅客機の歴史シリーズ(紙フック15機セット 下記3機はおもり不要)
Racer 538 Wren :ミソサザイ (矩形テーパー翼1段上反角 T尾翼)
Racer 539 Hawk :タカ(楕円型MOST翼2段上反角 普通型尾翼)
Racer 540 Crane:ツル(楕円型MOST翼2段上反角 下付き垂直尾翼)

バルサシリーズ Vol.3
Racer 541(金属フック)
Racer 542(金属フック)

バルサ6機種セット 滞空競技用機(バルサフック・プレカット)
Racer 543 Macaw :コンゴウインコ(楕円テーパー翼 普通型尾翼)
Racer 544 Snipe :タシギ(楕円テーパー翼 双垂直尾翼)

スペシャルパフォーマーズ
Racer 545 Kingbird :タイランチョウ(バルサフック・プレカット 矩形MOST翼1段上反角 普通型尾翼)

英語版 Vol.8 軽飛行機シリーズ(紙フック15機セット)
Racer 546 Canary :カナリア(矩形テーパー翼 普通型尾翼)
Racer 547 Skylark :ヒバリ(楕円テーパー翼 双垂直尾翼)
Racer 548 Sunbird :タイヨウチョウ(翼端上半角 下付き垂直尾翼)

バルサ6機種セット 滞空競技用機(バルサフック・プレカット)
Racer 549 Swift :アマツバメ(矩形テーパー翼の普通型)
Racer 550 Sky Cub Ⅲ :スカイカブⅢ(楕円テーパー翼の組み立てやすい基本型)

スペシャルパフォーマーズ
Racer 551 Kittiwake :ミツユビカモメ(バルサフック・プレカット 楕円型MOST翼2段上反角 普通型尾翼)

滞空競技用機特選集 バルサタイプ(バルサフック・プレカット)
Racer 552
Racer 553
Racer 554 (2段上反角MOST翼・双垂直尾翼)
Racer 555 (矩形MOST翼 普通型尾翼)

バルサタイプ 競技用機 3機種セット(バルサフック・プレカット)
Racer 556 Sky Rabbit :スカイラビット (スカイカブの双垂直尾翼型)
Racer 590 :(ハンドランチ用バルサ胴大型機:単品売り・プレカット)

以上である。プレカットの有無等、様々な仕様の機体が交互に登場するため、ここから何かの傾向を読み取るのは困難である。

なお、535、537は初期の商品であるバルサシリーズ Vol.3に含まれているのに、その間の番号のRacer 536 Swallow :ツバメが、後期の商品といえるスペシャルパフォーマーズに含まれるのは奇妙である。536の発売が遅れた理由は何なのだろう?
また、Racer 541は、後に改良型のRacer 541sとして発売された。

消えたRacer ?

さてここで、あることに気付く。557~589が欠番ではないかと。
この「34機の空白」は何を意味するのか?
Racerの中には、発売時に機体番号を付与されていない機体が存在する。以下に列挙する。

Racer Twin Comet :ツインコメット(バルサ胴金属フックの単品売り双尾翼機)
Racer Sky Cub Ⅱ :スカイカブⅡ(スカイカブから金属フックを廃止)
Racer Sky Cub Ⅳ :スカイカブⅣ (簡単組み立て型。主翼取付方法を変更)
Racer Sky Cub 95 :スカイカブ95 (スカイカブの小型版)
Racer Sky Cub T :スカイカブT (下つき垂直尾翼の小旋回型)
Racer Spruce Goose:お洒落なガチョウ
Racer Cardinal:猩々紅冠鳥(ショウジョウコウカンチョウ)
Racer Mockingbird:マネシツグミ

しかし、これらに3桁の番号が「実はある」としても、あと26機分の空白が残る。
い や実は、上記に述べた仕様の変遷と、Racer501~556までの間に欠番が無いことを考えると、初期に発売されたTwin Cometは番号の振りようがないし、Sky Cub ⅡはRacer 508(Sky Cub)と550(Sky CubⅢ)の間の番号でなくてはならず、これも機体番号の付与は不可能なのだ。これは508を95%に縮小したSky Cub 95でも同様である。つまり、空白は29機分あるのだ。

スカイカブⅣ、スカイカブTは、AG社最後期のバルサ胴機体であるので、上記の空白に属する可能性はある。

また、Spruce Goose、Cardinal、Mockingbirdの3機種は、「EEddie Bauer Sport Wings by Whitewings」という海外で限定販売されたと思われる15機セットに含まれるのだが、著作権表示が1991年であること、パッケージ写真を観察す ると、3機共におもり不要の紙フック機に見えることから、この空白に属する可能性はある。

この推測が正しければ、空白は24機分ということになるのだが。
手元の書籍やパッケージの広告、ネット検索など、可能な限りの探索を試みたが、筆者はこの空白について、これ以上何の情報も見出せないでいる。

一方、Racer590は、AOZORAブランドの最初の新型機である。旧AG社取り扱いの最後期までに、「未発売に終わった24機が存在する」とでも想像するしかない。
Racerの機体番号を順に追っていくことで、二宮式紙飛行機について、またひとつ大きな謎が浮上したのである。

2013年現在のRacer

そして現在入手可能なホワイトウイングスのRacerは、以下の5機種である。

Racer 550 Sky Cub Ⅲ
Racer Sky Cub Ⅳ
Racer 530s
Racer 554
Racer 590

しかし過去を振り返れば、1980年に発売以来、ホワイトウイングスのRacerは、通算65機種を数えるに至っている。プレカット化などの仕様変更を含めれば、それ以上のバリエーションとなる。何しろRacer501の発売以来、30年以上も続くシリーズなのだ。

この美しい65機種のRacerシリーズは、「紙飛行機の安全性、組み立てやすさ、そしてグローバルな普及への取り組み」という、日本の紙飛行機の現代史を体現しているのである。

(参考:日本紙飛行機協会ホームページ、誠文堂新光社「よく飛ぶ紙飛行機集」、AG社発売のホワイトウイングス)

2013年3月22日