よく飛ぶ 紙飛行機への道

【第1回】 紙飛行機の父 二宮康明先生

よく飛ぶ 紙飛行機への道

はじめに

本稿は、二宮康明氏の製作した紙飛行機達について、考察をすすめるのが目的である。
二宮康明氏は1926年宮城県仙台市生まれ。1951年東北大学工学部通信工学科、工学博士、日本紙飛行機協会会長、日本インダストリアルデザイナー協会会員、自家用飛行機操縦士。

1967年国際紙飛行機第1回大会に参加、滞空時間で第1位となり国際的に注目を集めたことで、誠文堂新光社の雑誌「子供の科学」での「切りぬく実物大紙飛行機」の連載が始まった。 更に1970年オハイオ州コロンバスでの紙飛行機大会では、そのインダストリアルデザインの概念をとり入れたデザインに対し、オリジナリティ賞を受賞した。

紙飛行機とは何か?

紙飛行機といえば、伝承されている各種の「折紙飛行機」を思い浮かべる場合が多いだろうが、紙飛行機には次のような基本分類がある。

  • 1)おりがみ飛行機: 正方形、または長方形の紙を折るだけで製作するもの。原則として切る、貼る、という加工はしない。おりがみ飛行機作家としては、中村栄志氏が大変有名で、 1970年代から2006年にかけて多数の折り方を整理・開発・発表し、出版されている。
  • 2)切り折飛行機: 用紙を折って仕上げるが、切る加工も行うもの。
  • 3)切り紙飛行機: 用紙から複数の部品を切りぬき、接着して組み立てるもの。

上述の中村栄志氏のように、紙飛行機の世界にも、「作家」と言うべき著名人がいるのである。その中で、二宮康明氏は、切り紙飛行機の国際的大家ということになる。

紙飛行機作家達

たかが紙飛行機、と思われるだろうが、作品群にその作家の名を冠して呼ぶ場合が何例かある。その具体例をあげれば、以下のようになる。

  • 1) 長澤式: 戦前から戦後にかけて活躍した長澤義男氏の切り紙飛行機群。時代の制約から「不要なハガキ」を材料に推奨しているのが特 徴。帯状の紙を巻き込 んだおもりを、二つ折りの胴体で挟み込むように接着するのが基本。長澤氏は1917年、東京都生まれ。長澤式紙飛行機は3000機以上設計・製作されたと いわれている。
  • 2)吉田式: 二宮氏と一時連載をともにした、吉田辰男氏の切り折紙飛行機を指す。はさみで主翼前後の切れ目を入れ、機首は折り 込んでおもりとし、胴体正中線と左右の尾翼を(前から見て)M型に折り曲げて完成する。接着剤が基本的に不要なのも特徴。また、ユニークなマーキングと ネーミングのものが多い。後に二宮氏も、「ホチキスペグ」としてオマージュしている。他に二宮式に近い切り紙飛行機も多数製作している。

    吉田氏は1928年、横浜生まれ。1967年、アメリカで行われた第1回国際紙飛行機大会で入賞。1973年には「子供の科学」に連載開始(二宮氏と同時 掲載または交代のかたち)。1985年にはアメリカで行われた第2回国際紙飛行機大会で念願の優勝をした。
  • 3)二宮式: 言うまでも無く二宮康明氏の切り紙飛行機作品。材料を上質のケント紙とし、板状の胴体を、切り抜いた部品の接着による積 層(積み重ね)で構成 するのが特徴。製作機数は2012年で2600機を越えるが、二宮氏のインダストリアルデザインのセンスが反映されているためか、そのどれもが、ひと目で 「二宮氏のデザイン」とみてとれる一貫性が感じ取れ、他者の作品とは区別できるのが不思議である。また、現在出版等で流通している競技用切り紙飛行機のほ とんどすべては、この二宮式をルーツとすると言える。

二宮式紙飛行機とは?

  • 1)雑誌 子供の科学版 「よく飛ぶ紙飛行機」
    国際大会優勝により誠文堂新光社から依頼を受け、雑誌「子供の科学」の切りぬく実物大紙飛行機連載は1967年9月号「トレー ナー」から開始された。

    二宮氏は、最初は一年程度で終わるつもりだったと回想されているが、実際には大変な好評となり、驚くべきことに2011年現在も連載は続けられている。ただ しその間、吉田辰男氏が連載に参加した時期もあり、両氏交代、または同時掲載と、二宮式紙飛行機が必ず毎月掲載されていたわけではない。

    また2002年3月号のN-1896競技用機をもって引退宣言し、一旦は連載を打ち切ったが、2002年11月には連載を再開し、新作発表、新たな単行本発行が2011年2月現在も続いている。連載をもとにした別冊・単行本は実に29種にのぼり、40年以上発表され続けた機体は実に多彩である。

    その内訳は「競技用機」が30%近くを占め、実機を模した「プロフィール機」が20%、独特な形状の「無尾翼機」や「変形機」があわせて20%程、「軽飛行機:(二宮氏独自のジャンル)」が15%程を占めている。(%は、筆者所蔵の約480機をサンプルとして算出)掲載されたのべ機数は、連載年数からの単純計算では(決して正確ではないが)520機ほどになる。
  • 2)ホワイトウイングス
    1980年には模型店・玩具店向けのシリーズとしてホワイトウイングスが発売された。その名が、ケント紙の白い翼から名づけられたのは容易に想像できる。 初期はB5版の箱入りが基本であったが、2010年にはコストダウンのため外箱を省略した簡易包装となっている。 初期の製品は子供の科学版と同様の型紙に鉛おもり、金属フック、ゴムカタパルトをセットしたものであったが、 現在のホワイトウイングスは打ち抜き済み型紙とカット済みバルサ胴の製品が主流である。

    ホワイトウイングス発売元の経営陣が2010年に交代するにともない、ホワイトウイングスの取り扱いは中止となった。 ところが同年、二宮氏は「AOZORA(あおぞら)」というブランドを立ち上げ、ホワイトウイングスは継続販売されている。2011年3月13日には、 最新型のRacer590が秋葉原の販売店で店頭発売された。ものすごい根性である。

そしてこれから

筆者は子供の頃、二宮式紙飛行機をよく飛ばして遊んだ。あの頃遊んだグランドの風の匂いが今でも思い出される。私は紙飛行機を愛している。

その後も型紙集を手放す気にはなれず、1998年から私は子供の科学の購読を再開し、二宮式以外の紙飛行機も含めて、書店、古書店、ネット等で型紙の収集を続けている。 集めた型紙の総数は1900機余り、二宮式の紙飛行機は530機種(機数ではない、機種である)を所蔵している。

また世に出た紙飛行機関連の書籍も112冊程収集した。今後もこれらのDATAを分析し、二宮式紙飛行機についての考察を進めていきたい。

(参考文献:日本紙飛行機協会ホームページ
中村栄志著 「超本格!おりがみ飛行機ベスト30」東京書店
長澤義男著 「よく飛ぶ紙ヒコーキ名機集」 講談社+α文庫
二宮康明著 誠文堂新光社「よく飛ぶ紙飛行機集」
吉田辰男著 「やさしく作れてよく飛ぶ 5分でできるミニ紙飛行機集」誠文堂新光社
吉田辰男著「室内から屋外までバラエティ紙飛行機集」誠文堂新光社
吉田辰男著「ミニミニから競技用まで高性能紙飛行機集」誠文堂新光社

2012年8月9日